地球の動きのことや天球などについて勉強した

地球などについて受講をしました。北の空では、星は北極星を中心に目覚ましの針とは反発限定に回って見える。東の空からのぼった星は、南の空を通って西の空に沈みます。全体を見渡すと、北極星を中心に円を描いて、1日に1回転します。次は、天球についてだ。天球の思考は、星のセッティングをわかりやすく描き出す産物だ。夜空に伸びる星は、丸っこい大きなドームにはりついていて、ドームが回転するように見える。これが天球だ。星までのキロは、実際にはいろいろです。南中高度は夏に激しく、冬に乏しいだ。春分・秋分の日の南中高度=90°−その領域の緯度だ。お天道様の南中高度が激しく、昼間の年月の長い夏は気温が高いだ。地軸の傾きと公転によって、四季が生じます。夏場の日射しは、面影が少ないだ。夏場の日射しとはあべこべで冬の日射しは、面影が長いだ。季節によって、星座の機動も違う。地球などについて覚えましたが、知らないこともあったので知れて良かったです。ミュゼ web予約 同伴