惑星の実践と順行や逆行などについて勉強した

惑星について授業をしました。星座の消息筋を複雑に動いて出向く数個の星は紀元前から知られてあり、惑星といわれるようになりました。これらの惑星の天球ときの動きは、地球と惑星が共に公転やるために生まれる流儀の活動だ。惑星が星座の消息筋を西から東へ働く状態、こういう動きを順行といいます。これとは逆に、惑星が星座の消息筋を東から西にはたらく状態、こういう動きを逆行といいます。惑星が星座の時を働く流儀の速さは規定ではありません。順行から逆行、逆行から順行に変わる状態を留といいます。惑星はその軌道が地球の軌道の内側にあるかデコレーションにあるかによって、内惑星と外部惑星に分けられています。内惑星は、地球から見ると日光から起こる観点以上には離れません。すなわち水星では28°、金星では48°をこえません。そのため、内惑星は日没後の西の空か、太陽の仕出しの東の空にしか見られません。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。アコム 申し込み 時間