年金は不服言わずにかけていますがほんとにくれるのでしょうか

企業は振替オフで休みだ。今のところは考えなしで、寂しいなとも思いますが何時でも来て顔を出してくれという企業は2社あります。けれど電車賃増えるし往復だとそれなり有料だ。JRと地下鉄に乗って行かないといけなかったり、市バスを乗り継いで行くのでこれも面倒くさいです。

じわじわ自宅で寝ているほうが最終的にプラスかもしれません。損得で交流やるな!と怒られそうですが、私としては下のキッズがユニバーシティに加わるまではじっくりしておきたいのです。そんな事より老後の事を考えないといけません。年金は正しくくれるのかなとかボディー保険はますます下がらないかなと言った事が気になる年齢になってきたと思います。まだまだ10世代上記先の事ですが法変更で本当にでもなりますので幾らか不安です。

と言うのは以前なら62年代で厚生年金が受け取れる通報が来ていたのですが昨年の通報では62年代厚生年金補完はなくなっていました。現行の組織であれば65年代からという事になります。参るんですよね何やかや改変があると。厚生年金でどんなに食つなぐとしても坊やにはケアをかけないようにするつもりですが、僅かリフォームしても有料ですのでこれは65年代を超えても仕事をしなくてはならない事になります。

新聞紙購入の取り立てのオッサンは84年代らしく私も仕事をしなければいけないのかもわかりません。年齢的に仕事があるのかなとも思いますし65年代を超えて例えばコンピューターセミナーへ入りそれから会社をなどと悠長な項目言っているのかなと思います。

とりあえず頑張らないとと思いますし孫の面持も見たいですね。お年玉も渡さないといけないと思います。よしがんばりましょう。