名古屋の中で、美味しいスイーツのお店を紹介します。

名古屋の中で、美味しいスイーツのお店を紹介します。
名古屋市中区にある、美濃忠(みのちゅう)というお店は、1854年創業の老舗お店で、
和風の美味しいスイーツが揃うお店です。
創業当時から伝わるという、上り羊羹(2200円ほどだったと思います。)や、
初かつを(2200円ほどだったと思います。)など伝統のある銘菓もあるお店です。
ごっさま(1個、100円ほどだったと思います。)は、皮にもち粉が入っており、
弾力があり、もっちりした食感の美味しい、スイーツでした。
また、雪花の舞(1個、180円ほどだったと思います。)は、皮に、卵白、餡に、卵黄が
使用されており、軽く、口どけの良さが、美味しい、お菓子でした。
名古屋市中区にある、青柳総本家(あおやなぎそうほんけ)というお店は、
明治12年創業の老舗の和菓子店です。
青柳生ういろう(3個、1690円ほどだったと思います。)は、宇治しぐれ、黒糖栗、こしあんの3種類
があり、どれも、見た目が涼しげで、夏場などの、お土産にぴったりの商品だと思います。
味も、3種類共に、程よい甘みで、美味しかったです。
また、カエルまんじゅう(12個、1050円ほどだったと思います。)は、カエルの顔がかわいい饅頭で、
生地の中は、こし餡が入っており、上品な甘みで、美味しかったです。